ローカルファスト研究所

地域資源を彫り起こし、地域経済の活性化と中心市街地の活性化、地域再生のプロジェクトの支援を行います

2013年06月

2013年06月11日

CREA Travellerにとやま特集記事を掲載しました

富山県、富山市、高岡市、南砺市、砺波市、氷見市の1県5市で創る、広域とやまプロモーション推進委員会(事務局・富山市役所企画管理部企画調整課)と株式会社ローカルファースト研究所(本社:東京都千代田区 代表:関幸子)は、2015年春に開業予定の北陸新幹線の開業を見据え、富山の魅力を伝えるためのプロモーション事業を行っています。
このたび、株式会社文藝春秋発行の「CREA Traveller 2013年夏号」(6月10日発売)に「富山が近づく。富山に出会う。」として掲載されます。おわら風の盆に誘われて、越中の匠を訪ねる旅をする女性たちの視点で、富山の魅力を紹介しています。

本プロモーションは2011年度に富山市のプロモーション事業として発足し、「CREA2012年1月号」に掲載された『電車で行く、ぶらり富山の旅』を皮切りに、「CREA Traveller 2012年春号」の『富山の薬膳できれいになる!』、「CREA Traveller 2012年秋号」の『ココロもカラダも透きとおっていく富山への旅』と三度にわたってプロモーションを行い、記事を抜粋して「TOYAMAGAZINE」を作成し、PR誌として多くの人に富山市の魅力を伝えました。
この実績をもとに、2013年度は富山県、富山市、高岡市、砺波市、南砺市、氷見市の1県5市による広域プロモーション事業に発展しました。広域プロモーションとして総合的に魅せることで、北陸新幹線開業に伴うアクセス改善を最大限に活かしていきます。
第一弾は富山のクラフトに着目し、和紙、鋳物、蒔絵などそれぞれの自治体ごとに息づく「ものづくり」を通じたプロモーションになっています。

CREA WEB(http://crea.bunshun.jp/)でも雑誌の記事を掲載しているので同時に見ていただけます。
これからも富山の魅力を様々な角度から掲載していきます。


CREA Traveller 表紙
  


Posted by ローカルファースト at 14:45